Beat Burn ch8 -祭りのあとはライブハウスに-

2010年08月09日(月) [RocketDashRecords企画]
Beat Burn ch8 -祭りのあとはライブハウスに-    予約受付中
場所: 水戸ソニック(茨城県水戸市)
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売り予約 ¥1,800 / 当日 ¥2,300(別途D代)
   【Rock in Japan Fesのリストバンド提示で入場無料(別途D代)】
   【高校生以下、学生証提示で入場無料(別途D代)】
LIVE: クリープハイプ / 3markets(株) / キト / ヒーロー / The Ragbag
DJ : 保坂壮彦(soultoday/ROCK IN JAPANFESTIVALレジデントDJ)

チケット予約中。件名に「ch8予約」と記載し、
〔樵悪∨膺E渡暖峭罅,鯀って下さい。
info@rocketdash.com まで

----------------------------------------------------------

GFBは1年に1回。
こちらの方が実はメイン。
だって、1年は長いじゃない?

今回はRock in Japan Fesと勝手にコラボです。
すでに、日本のフェスとなったRIJF。

茨城で近いからいいかもしれませんが、
茨城のライブハウスに残って、
ライブをするわけでもなく、茨城の音楽ファンが、
増えるわけではありません。
実際に、ライブハウスを見て思いました。

なので、フェスで獲得したお客さんと、
フェス後にライブハウスでやることで、
後夜祭みたいにすれば、お客さんも増えるのではないかと思い計画。
フェスに出演するアーティストに、もう一日残って、ライブしませんか?
とオファーをしましたがほとんど、全てだめだったり連絡こず。

だったら、せっかく、DJ保坂さんも賛同していることもあり、
Beat Burnをやろうと。
東京から今とても僕が期待しているクリープハイプ。
その世界に引き込まれたら抜け出すことは難しい3markets(株)、
地元ではキト、ヒーロー、The Ragbagが迎え撃つ。
そして、コラボはRock in Japan Fesのリストバンドを提示してくれたら、
なんと、無料(別途D代)にしました。

まぁ、前夜祭もそうですが、
こんぐらいやっても見てもらいたいバンドさんたちです。

時間がある方は是非。


クリープハイプ

HP  :http://www.creephyp.com/
音源 :http://www.myspace.com/ozakisekaikan

2009年新メンバーを迎え、新生クリープハイプ本格始動。
ボーカル尾崎世界観の様々な視点から紡ぎだされる女性言葉の
日本語詩とセンセーショナルなメロディは聴く者の胸を
わしづかみに捉えて離さない。変声期をムカエル前の少年のような
ハイトーンボイス、そして、尾崎世界観の等身大でリアルな言葉は、
多くの人の心を掴み、何度でもリフレインさせる。
また、ライブでは危うく赤裸々なMCも話題となり動員を増やし続けている。
タワーレコード限定で発売されたe.pはわずか2ヶ月でSold Out。
そして、待望の1stFullAlubum「踊り場から愛を込めて」9月8日発売決定。


3markets(株)

HP :http://3markets.com/
音源:http://www.myspace.com/3markets

2009年現メンバーになり本格的に活動開始。
2010年1、2、3月に3ヵ月連続自主企画を行い3枚のCDをリリース、
ライブハウス限定発売ながらも6月までに1000枚を超える売り上げを見せる。
ギターボーカルかざまの歌詞は、
あまりにも当たり前な日常的なことなはずなのに、
あまりにも痛すぎて誰も書くことの無かった歌詞。
ジャンルに関係なく人の心のスキマをうつ。
ツアー中の車の故障、人間関係の故障、
未来への不安、底知れぬ孤独、メンバーの自殺未遂など
世の中にある、当たり前の不条理と
無駄で無謀な戦いを今、彼らは始めようとしている。



キト

山田シュンスケの独自の価値観による歌とメッセージを
またそれぞれ独自の解釈による演奏にて届ける音楽性。
我の強い個性を貫くスタンスは新たなメンバー編成となっても変わらない。
先日発表された1st demo mini album「六月」からの更なる追求の果てを
前傾姿勢で押し通すライブは必聴・必見。


ヒーロー

HP :http://46.xmbs.jp/HERO/
音源:http://www.myspace.com/heeerooo

水戸、池袋などを中心に活動しているアコギ弾きのウタウタイ。
名の由来は、あだ名付け名人である、水戸の某バンド、
S浜の歌い手、Sっちゃん氏が簡単な理由で、あっさりヒーローと命名。
そのままの流れで、アーティストネームもヒーローとなる。
大学時代にストリートライブなどで活動し、
卒業と共に歌で生きていくことを決意。
その後は、ライブハウス中心の活動に切り替える。
『生きる』をテーマとした楽曲が多く、感情を表すようなメロディーに、
まっすぐなコトバを乗せ、
繊細でありながらも力強い歌声で聴かせるのが魅力。

今年は活動範囲を更に広く、
よりたくさんの人に聴いてもらうことが目標
ヒーローが出演する、今後のイベント、
そしてヒーローの動きにも目が離せないはず!


The Ragbag

HP :http://49.xmbs.jp/Ragbag/?guid=on

2010年5月結成!男女・学年混合高校生スリーピースバンド、
水戸を拠点に活動中!
ストレートなメロディーと独特な世界観を持つ歌詞で
聴く人の心に訴えかける
The Ragbagの楽曲を是非ライブで聴いて下さい!


チケット予約中。件名に「ch8予約」と記載し、
〔樵悪∨膺E渡暖峭罅,鯀って下さい。
info@rocketdash.com まで


Beat Burn ch7 あとがき

2010年06月19日(土)[RocketDashRecords企画]
Beat Burn ch7@ つくばパークダイナー(茨城県つくば市)
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売り予約 ¥1,800(D別)/ 当日 ¥2,300(D別)
   [高校生以下、学生証提示で入場無料(別途D代)]
LIVE: MONICA URANGLASS / オワリカラ / birds melt sky / DENSHI JISION ACT3 / POCALIS
DJ : 保坂壮彦(soultoday/ROCK IN JAPANFESTIVALレジデントDJ)


今回も熱いメンツが揃いました。
GFB`10の前哨戦といっても過言では、
ありません。

というのも、
やはり、一年を通じて、
音楽を楽しむためには、
ライブハウスがかかせません。
フェスとの関連性を持たせていきたいと思ってます。



最初はPOCALIS。
やるたびによくなってきている。
東京のバンドと対バンしても、
遜色のない感じになってきました。
次の前夜祭も楽しみ。

そして、
今まで、サポートベースだったのが、
正式になりました。
期待してください。


2番目は東京からbirds melt sky。
ひょんな縁からお願いしたんですが、
お客さんも初めて見るバンドなのに、
盛り上がっていました。


3番目はオワリカラ。
このバンド、ここ最近のライブは、
やるたびによくなっています。
何回もライブを見てますが、
この日は僕の中でベストアクト。
フェスでも期待してます。


4番目はつくばからDENSHI JISION ACT3。
今回はVJなしの男だらけの電子。
やはり、地元で一番お客さんが入るバンド。
お客さんもすごい盛り上がってました。


そして、トリはMONICA URANGLASS。
つくばのお客さんは、
初めて見る人が、多いなか、
さすがのライブ。
時間により、アンコールは出来なかったですが、
まだ、楽しみたかった方は、
次のフェスで。


また、写真を撮り忘れましたが、
ダブルヘッターのDJ保坂さん。
いつも、フロアの様子を見ながらのDJはさすがです。
転換中にお客さんを躍らせるのはすごいです。
ありがとうございました。

Beat Burn ch7 出演者映像アップ!



お待たせしました。
6/19のBeat Burn ch7の詳細が決定しました。

2010年06月19日(土)[RocketDashRecords企画]
Beat Burn ch7@ つくばパークダイナー(茨城県つくば市)詳細決定
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売り予約 ¥1,800(D別)/ 当日 ¥2,300(D別)
   [高校生以下、学生証提示で入場無料(別途D代)]
LIVE: MONICA URANGLASS / オワリカラ / birds melt sky / DENSHI JISION ACT3 / POCALIS
DJ : 保坂壮彦(soultoday/ROCK IN JAPANFESTIVALレジデントDJ)

チケット予約受付中!件名に「BBch7予約」と記載し、
〔樵悪∨膺E渡暖峭罎鯀って下さい。
info@rocketdash.com まで


MONICA URANGLASS

HP :http://www.monicauranglass.com/
音源 :http://www.myspace.com/monicauranglass

07年末結成。80'sダンスミュージックやNEW WAVEに影響を受けたロックを奏でる3人組。
08年8月『The Invitatuon EP』でデビュー、同時発売でハウスコンピ『ROCK HOUSE LOVERS』
にも参加。VOLA&THE ORIENTAL MACHINEのツアーサポートに抜擢される。
09年3月11日フルアルバム「The Temptation X」をリリース。このアルバムはタワーレコードの
バイヤーがレコメンドする“タワレコメン”に選ばれロングセールスを記録。
オリコンインディーズチャートへもランクイン!学園祭、各地DJイベントへの参加など精力的に
ツアー。10月初参戦のMINAMI WHEEL09ではトップ
バッターに関わらず彼らをひと目みようと集まった人が続出し入場規制を記録。
10年ダイノジロックフェス参加等を経て、
2nd EP『(CASE STUDY)CORELESS,BLAH!BLAH!BLAH!』をリリース。
各地イベントへの参加とツアーをこなし、5月にはツアーファイナルとなる代官山UNIT公演を
成功させる。現在要注目のアクトであるが、自ら賛否両論バンドと名乗り続けている。


オワリカラ

HP :http://www.owarikara.com/
音源:http://www.myspace.com/owarikara

あなたのハートに火をつける最先端の都市型ポップ・サイケデリア。
唯一無比な4ピースのアンサンブルと強靭な音圧のサイケデリック・ロック。
そして、それを突き抜けて響きわたるフロントマン、
タカハシヒョウリの歌声。
2008年春のライヴ活動開始以来、
200本近い凄絶なステージで時代の注目を集める。
2010年夏、SMA(sony music artists)内に自身のレーベルを立ち上げる異例の形態で、初の公式盤1stアルバムをリリース
1967年も1979年も1984年も2015年もなんのその、次のドアになる


birds melt sky

HP :http://birdsmeltsky.com/
音源:http://www.myspace.com/birdsmeltsky

前田真吾(Vo, G)、宮副亜紀(Drs)、
益子和久(B/fromNEIGHBOURHOOD)による3ピース・バンド。

新進気鋭のエレクトロ・ダンサブル・ロック・バンドの
birds melt skyは2006年結成。新宿、下北沢界隈などを中心に
コンスタントにライブ活動を展開。

ディスクガレージ主催の30周年記念イベント
「蓮沼2009」において事前人気投票で堂々の第2位を獲得し出演権を獲得。
正式デビュー直前には数社のレーベルによる熾烈な競合となった、
話題のバンド。その高い音楽性は早くから注目され、
競演希望バンドも数多い。

ダンスビートを基調に、
シーケンスを使用した色鮮やかなアンサンブルと
ポップ色豊かなメロディが絡むサウンド、
そのグル―ヴはそのバンド名の通り、
鳥が空に溶けるような心地良い浮遊感を生み出す。
ライブでは前田がアポリジニーの伝統的民族楽器である
ディジリドゥを用い、
圧倒的なステージパフォーマンスを繰り広げる。
心地良いフロー感とタイトなグル―ヴが織りなす
刺激的なサウンド・スペース。
フィッシュマンズ や スーパーカーを通過して
現在のダンスカルチャーと融合した音楽。絶対にとろけます!!!


さぁとろけるまで飲んで楽しもう。
さぁとろけるまで踊ってしまおう。
さぁ耳を澄まして気持ちよくなってしまおうよ・・・



DENSHI JISION ACT3

HP :http://denshi-jision.info/
音源:http://www.myspace.com/denshijisionact2

つくばを拠点にしている5人組
(ライブではサポートメンバーを加えた6人編成)New Waveバンド。
キャッチーすぎるリフとコーラスが耳から離れなくなる楽曲からは、
単なるニューウェーブという言葉以上に、無邪気な高揚感を感じさせ、
バンドサウンドとダンスミュージックの落とし込み具合に唸らされる。
歌が前にきているこの感じもなんだか新鮮。
ライブが見てみたくなる事間違いなし。
(diskunionインディーズHPより転載)
また、diskunion インディーズ週間チャートに5位でランクインし、
勢いに乗っている。


POCALIS(ポカリス)

HP:http://pocalis.web.fc2.com/top.htm
音源:http://www.myspace.com/pocalis

2005 茨城県水戸市で結成
2008 県内ライブハウスでの活動を開始

日本人民オルタナティブ
音ではなく人間自ら「鳴る」ことが音楽であるとし、
客観的視点と主観的イメージを織り交ぜた独自の楽曲で聴き手を突き放し、
かつ根底のどこかでで繋がる試みを模索する。現在、茨城を中心に活動中。


DJ 保坂壮彦

HP:http://www.soultoday.com/

言わずとしれた、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、COUNTDOWN JAPANの
レジデントDJとして、片平実(Getting Better)前田博章(puke!)とともに、
3本柱として、DJを一つのエンタテインメントまで発展、
そして、日本の音楽を盛り上げている。
また、毎月開催のDJロックイベント「soul today」を主催するなど、
活躍は多岐に渡り、多くのアーティストとも親交が多い。
意味を持たせた、DJをやらせたら右にでるものはいない。




「BEAT BURN」とは
つくばロックフェスの主催のロケットダッシュレコードが、
もっとライブを体感する習慣が出来ればと思い、新しくイベントを企画。
このイベントにくれば、鳥肌を体感出来るバンドと出会える、
を目指していきます。ジャンルに関係なく必ず何かを感じられるはず!!
僕のイベントはバンドを知らなくても、何か感じれると思ってもらえることが目標。

ちなみに、ch(チャンネル)は、イベント毎に違う色,
違う出来事ということで、volの積み重ねではなく、ひとつひとつ、
色を出せたらと日々思案中。

Beat Burn ch6 出演者映像アップ!



2010年05月30日(日)[RocketDashRecords企画]
Beat Burn ch6 @ 水戸ソニック(茨城県水戸市)
時間:OPEN 17:00 / START 17:30
料金:前売り予約 ¥2,000(D別)/ 当日 ¥2,300(D別)
   [高校生以下、学生証提示で入場無料(別途D代)]
LIVE: the HANGOVERS / tobaccojuice / imamon / POCALIS / Marble Headstander
DJ : 保坂壮彦(soultoday/ROCK IN JAPANFESTIVALレジデントDJ)

チケット予約受付中!
件名に「BBch6予約」と記載し、
〔樵悪∨膺E渡暖峭
を送って下さい。
info@rocketdash.com まで


コメント:
今回のch6も豪華です。
そろそろ、気づいてもよいはずです。
近くにすごい人達が来てることを。
それに、こんなに豪華だと、
GFBフェスに向けて助走をつけているみたい。
ありがたい。

東京からは3バンド。
the HANGOVERSは、ROCK IN JAPAN FES.2008出演。
tobaccojuiceは、ROCK IN JAPAN FES、SUMMER SONICなどもろもろ。
imamonは、FUJI ROCK FESTIVAL08出演と、
経歴だけ並べてみても、
ご飯が3杯食べれます。
偶然でなったブッキングにしては、豪華過ぎです。
なにも言いません。来て下さい。
地元も、それに対抗出来るバンドを用意。
POCALISとMarble Headstanderは盟友ですが、
どちらも、人気がうなぎのぼりのバンド、期待です。
チケットはお早めに!


the HANGOVERS

HP : http://www.thehangovers.jp/index.html
音源: http://www.myspace.com/thehangoversjp

ギター・ヴォーカルのトミーを中心に、
大学の音楽サークルで結成された、「the HANGOVERS」。
ベースのケンチュルビックとドラムスのシンディからなる
スリーピースロックバンド。

ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズ、
ザ・ジャムのようなブリティッシュ・サウンドを身上とし、
美しいメロディに、透明感と力強さを併せ持つボーカルと
絶妙のコーラスが絡み合い、センチメンタルなロックンロールを奏でる。

また、トミーが描く歌詞は、
一度聴いたら思わずその世界に引き込まれてしまうだろう。

2006年に、ミニアルバム「the HANGOVERS」でデビュー。
2007年に、「COUNTDOWN JAPAN」、
2008年に、「ROCK IN JAPAN FES」に出演、
同年には、ファースト・アルバムをリリース、シーンでの注目を浴び始める。
そして、2010年4月14日にセカンドアルバム『the portable terminus』をリリース。
リリースに伴い全国ツアーも決定しており、
ファイナルとして7月18日に渋谷チェルシーホテルでワンマンライブを敢行する。

2006年8月 1st Mini Album「the HANGOVERS」をDynamord Labelよりリリース。
リリース後全国ツアーを敢行。
2007年3月 2nd Mini Album 「the HANGOVERS供廚Dynamord Labelよりリリース。
リリース後全国ツアーを敢行。
10月 3rd Mini Album「5」をDynamord Labelよりリリース。
リリース後全国ツアーを敢行。
12月 「COUNT DOWN JAPAN 07/08」出演
2008年6月 1stシングル「HONEST I DO オネスト・アイ・ドゥー」リリース。
同曲が千葉bay fm「Midnight PowerPlay」に選出、
東京MXテレビ「G-station」7月度エンディングテーマにも決定。
8月 「ROCK IN JAPAN FES.2008」出演
    9月 1stアルバム「the HANGOVERS , in your room」リリース。
    10月 アルバムリリースツアー敢行。
2010年4月 2nd Album『the portable terminus』発表。
5月 全国ツアー。


tobaccojuice

HP : http://www.tobaccojuice.net/
音源:http://www.myspace.com/pikapikasunsetrainbowblues

1999年結成。幾度かのメンバーチェンジの後、現在のメンバーへ。
ロック、ブルース、カントリー、レゲエなどをルーツに持つロックバンド。
ヴォーカル松本の描く歌詞世界は、日常を独特の視点で描く。
ファンタジックでもあり、その感性は多くの支持を集める。
リーダーの大久保の描くイラストもまた、独創的であり、
アートワークも魅力のひとつとなっている。
凡庸なロックバンドが多い昨今、彼らの持つ芸術性、
表現力は高く評価されており、ミュージシャンのシンパも多い。
親しみやすいメロディーも相まって、
次のロックシーンを担うバンドと期待されている。

松本 敏将 [マツモト トシマサ] Vocal/Guitar/harmonica/kazoo
大久保 秀孝 [オオクボ ヒデタカ] Guitar, chorus
岡田 圭市 [オカダ ケイイチ] Bass
脇山 広介 [ワキヤマ コウスケ] Drums, chorus


1999年1月 大久保を中心にメンバー募集のチラシで集まった
松本ら4人のメンバーでtobaccojuiceを結成。
不定メンバーで曲作りリハーサルなどを行い
同年9月ベースの加入により、
渋谷屋根裏・下北沢251を中心にライブ活動を開始。
2000年5月 1st demoカセットテープ 6曲入り¥500 発売。
2001年5月 tobaccojuice主催のイベント「タバコノケムリvol.1」
下北沢251にて開催。
同日1st Demo CD 7曲入り¥1000 初回限定50枚を完売。
7月 「タバコノケムリvol.2」下北沢251にて開催。
9月 「タバコノケムリvol.3」ワンマンライブ 下北沢251にて開催。
2002年1月 2nd Demo CD 4曲入り 発売。
3月 「タバコノケムリvol.4」
吉祥寺スターパインズカフェにて開催。
4月 大阪ファンダンゴ「ROCK SIDE vol.16」出演。
5月 ドラムに脇山が加入、限定2nd CD 完売
9月 「タバコノケムリvol.5」
吉祥寺スターパインズカフェにて開催。
2003年4月 1st ミニアルバム 6曲入り「喜びがやって来る」発売。
5月 SHIBUYA-AX MOTOR MUSIC LIVE「LISTEN◎LOUD」イベント出演。
 10月 大阪 FM802「MINAMI WHEEL2003」出演。
2004年6月 髭(HiGE)・アナログフィッシュと
3WAY SPLIT CD「カウボーイ」に参加。
コンピのレコ発を新宿LOFTで開催。
9月 Mini Album 6曲入り「青い鳥」発売。(KING RECORDS)
10月 大阪 FM802「MINAMI WHEEL2004」出演。
6月 Maxi Single 3曲入り「トライアングル」発売。(KING RECORDS)
2005年1月 Full Album 10曲入り
「ピカピカサンセットレインボーブルース」発売。(KING RECORDS)
6月 Maxi Single 3曲入り「トライアングル」発売。(KING RECORDS)
11月 Full Album 10+1曲入り「幸せの海」発売。(KING RECORDS)
2006年3月 ベースに岡田が加入。
2006年4月 「タバコノケムリvol.6」
吉祥寺スターパインズカフェにて開催。
2006年12月 3rd Stone Recordsより「Happy Birthday」リリース。
2007年1月 恋に気付けない若い犬Happy Birthday!ツアーにて全国5カ所でLive。
2007年5月 「Rock on the Rock’07」出演。
2007年12月 「COUNT DOWN JAPAN 07/08」出演
2008年3月 シングル「工場町」リリース
2008年6月 アルバム「HEADPHONE GHOST」リリース
      「HEADPHONE GHOST TOUR〜涙、涙のデジャヴ犬〜」にて、
全国6カ所でのLove。(東京、名古屋、大阪、福岡、広島、仙台)
2008年7月 ROKKO SUN MUSICに出演
2008年8月 ROCK IN JAPAN FES、SUMMER SONIC に08出演
2008年9月 「OTODAMA〜音泉魂〜」
2008年12月 「タバコノケムリvol.11」
      吉祥寺スターパインズカフェにて開催。
「COUNT DOWN JAPAN 08/09」出演。
2009年4月 コンセプトカヴァーアルバム「ゆめのうた」をリリース。
2009年6月 「バーチャル犬だよワンワンワン」心斎橋クアトロ、
      渋谷クアトロにて開催。
      渋谷クアトロの模様は、Music on TV!にて生中継OAされる。
2009年9月 「Magical Midnight Party」新代田FEVERにて開催。
2009年12月 「タバコノケムリvol.12」新代田FEVERにて開催。
2010年3月 アルバム「どこまでも行けるさ」リリース。
      同タイトルツアーを自身最大箇所にて回る。


imamon

HP : http://www.geocities.jp/imamonmae/imamon.html
音源:http://www.myspace.com/imamonoutofemployment

46億年前 地球誕生。
約5億3000万年前 三葉虫などの生物が現れる。
約600万年前 人類誕生。

1973年 オイルショック。

2004年夏、imamon結成。主な活動は睡眠と飲酒と誇大妄想。
以後目的もなくだらだらと活動。搾取と停滞の日々。

2006年3月のRAIAN,Horse&Deerとの共同企画を境に、
ボーカルとドラムの壮絶な仲違いを経て活動休止。

2007年5月、ほとぼりが冷め、活動再開。
同8月の下北沢ERAのライブを境に、活動の拠点を都内へ移す。

9月に初レコーディング。demo音源「out of employment」完成。

2007年秋〜冬 苦渋の歳月。大いに辛酸を舐める。

2008年7月 FUJI ROCK FESTIVAL08 「ROOKIE A GO-GO」に出演。
約1500組の応募バンドの中から選ばれる。

2009年4月 下北沢ERAにて初の自主企画「 勝手気ままな人生が複雑な理由」を開催
(ACT:BAZRA/太平洋不知火楽団/moja)

2009年10月 高円寺2000Vにて二度目の自主企画(これが最後の二万V出演になろうとは)
(ACT:irrigation/told/mOt/not great men/HEMP COACHING JUICER)

2009年12月 viBirth × CINRA presents「exPoP!!!!! volume33」に出演。
(ACT:PANICSMILE 、Luminous Orange 、乍東十四雄、SuiseiNoboAz)

2010年2月 新宿motionにて三度目の自主企画を開催
(ACT:Sorrys!/DACOTA SPEAKER/プラハデパート/Far France/tacobonds)


POCALIS(ポカリス)

HP:http://pocalis.web.fc2.com/top.htm
音源:http://www.myspace.com/pocalis

2005年茨城大学で結成 
2008年から水戸やつくばのライブハウスに出演 
その後Dr、Baの失踪、発症を経て現在に至る
「もうダメかもしんない」のかけ声のもと生暖かい笑みを浮かべながら
「もうダメかもしんない」音楽を追求する薄気味悪い連中。
バンドマンからのファンが多く。これからが期待である。


Mable Headstander

HP : http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=marblehs
音源: http://www.myspace.com/thenamelsssheep

MEMBER-本井一色(VO.G)北山裕人(G.cho)大山友美(Ba.Vo)金谷翔太(Ds )
2008年、結成。茨城県水戸市、都内近郊を中心に活動中。
本井の書くメロディーにオルタナティウ゛、シューゲイザー、
ポストロックなど様々な要素をちりばめ、時にたゆたう様に静かに、
時に轟音、ノイズで暴力的に奏でる。



保坂壮彦
言わずとしれた、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、COUNTDOWN JAPANの
レジデントDJとして、片平実(Getting Better)前田博章(puke!)とともに、
3本柱として、DJを一つのエンタテインメントまで発展、
そして、日本の音楽を盛り上げている。
また、毎月開催のDJロックイベント「soul today」を主催するなど、
活躍は多岐に渡り、多くのアーティストとも親交が多い。
意味を持たせた、DJをやらせたら右にでるものはいない。

HP:http://www.soultoday.com/


「BEAT BURN」とは
つくばロックフェスの主催のロケットダッシュレコードが、
もっとライブを体感する習慣が出来ればと思い、新しくイベントを企画。
このイベントにくれば、鳥肌を体感出来るバンドと出会える、
を目指していきます。ジャンルに関係なく必ず何かを感じられるはず!!
僕のイベントはバンドを知らなくても、何か感じれると思ってもらえることが目標。

ちなみに、ch(チャンネル)は、イベント毎に違う色,
違う出来事ということで、volの積み重ねではなく、ひとつひとつ、
色を出せたらと日々思案中。

Beat Burn ch5 あとがき

2010年04月25日(日)[RocketDashRecords企画]
Beat Burn ch5 @ 水戸ソニック(茨城県水戸市)
時間:OPEN 17:30 / START 18:00
料金:前売り予約 ¥2,000(D別)/ 当日 ¥2,300(D別)
   [高校生以下、学生証提示で入場無料(別途D代)]
LIVE: 日の毬 / いなかやろう / Sorrys! / POCALIS / Alice Tea Party  
DJ : 保坂壮彦(soultoday/ROCK IN JAPANFESTIVALレジデントDJ)

今回も妥協なしの熱いメンツ。
自分でもビックリするくらいのイベントになりました。


まず、トップはAlice Tea Party。
水戸のトップがアリスティーなんて、
豪華過ぎです。
新曲がよかった。どんどん、新しいものを聞きたいです。


二番目はいなかやろう。
ライブ活動休止前に直前のライブで、
来てもらえてよかった。
あの雰囲気はとても好きです。


3番目はPOCALIS。
この日のライブは、
サポートが馴染んできたせいもあってか、
どんどん、よくなる予感。
来月も出てもらいます。


4番目は日の毬。
写真は暗いためこんな感じですが、
ライブはやばかった。
VJとのライブいうを茨城で見れるのも、
珍しいうえに激熱サウンド最高です。


トリはSorrys!
みんな知らない東京のバンドを、
毎回、トリにしていますが、
いつも、アンコールが起こるんです。
予定調和ではありません。
だって、まだ、お客さん少ないし。
これは、ほんとにバンドと、
それを受けるお客さんのよさ。
単純に、よいライブの結果だと思ってます。


DJは保坂さん。
写真を撮るのを忘れましたが、
今回もよかった。信頼してます。
思わず、かかってる曲を聴きにいっちゃいました。


次回のBeat Burnは5月30日。
問い合わせが多いので熱い夜になるんではないでしょうか?

よろしくお願いします。

ロケットダッシュレコード 伊香賀




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • GFB`11(つくばロックフェス)第三弾発表。前夜祭DJ追加。
    伊香賀 守
  • GFB`11(つくばロックフェス)第三弾発表。前夜祭DJ追加。
    木名瀬
  • Beat Burn ch12 -Rockで踊れるやつら- 映像アップ
    伊香賀 (RDR)
  • Beat Burn ch12 -Rockで踊れるやつら- 映像アップ
    OH竹
  • あおぞらクラフトいちin水戸 Spring に参加!
    ☆ひろ☆
  • natunatuna展、残り2日。
    ☆ひろ☆
  • Beat Burn ch4 あとがき
    伊香賀 (RDR)
  • Beat Burn ch4 あとがき
    ☆ひろ☆
  • 好きだ!!展、Music Landscape あとがき
    伊香賀 (RDR)
  • 好きだ!!展、Music Landscape あとがき
    ゆき

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM